2019年 6月 の投稿一覧

今後の海外輸出の展望は?社長インタビューVOL5

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きましたので、海外輸出についてのお話をお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画もご用意させて頂きましたので、お好きな方をご覧になってください。 Q:それではさっそくですが、今後の輸出の展望を教えて頂けますでしょうか。 A:輸出でいきますと、これからどんどん家財整理、遺品整理の仕事は増えてくると思っておりますので、日本という国が大量生産、大量消費の国になり、どんどんどん品物が捨てられてしまうような時代になりました。 品物をただ捨ててしまうのではなく、必要とされる方にお届けすることによって、お互いにメリットが生まれる。 そのお手伝いをもっともっと増やしていきたいと思っております。 直近で言いますと、コンテナの輸出ペースを もっと増やしていこうと思っております。 今の輸出先はフィリピンとカンボジアの二カ国なのですが、まだまだミャンマーだとか、昔からはタイという国にも日本の中古品は人気があります。 まだまだ発展途上の国がありますので、これからどんどん発展していこうという新興国には、日本の中古品というのは喜ばれますので、そういったところに輸出をしていこうと考えております。 まだまだマーケット沢山ありますして、今この事業のメインは関東一円でやっているんですが このサービスを例えば広島にもグループ会社がございますし、関西、東海、中国、九州とどんどん広めていって、皆様のお手伝いができるようにしていこうと思っています。 Q:ありがとうございます。 それでは、そろそろお時間となりましたので、終わりたいと思います。 本日はありがとうございました。 ... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

日本のリサイクル品を海外に輸出するメリットとは?Vo L④

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きましたので、海外輸出のメリットについてのお話をお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画もご用意致しましたので、お好きな方をご覧になってください。 Q:最初にお伺いしたいのですが、輸出のメリットはなんでしょうか? A:一番のメリットは日本ではそのままにしておくと、捨てられてしまうような品物を次に必要とされる方にお渡しすることができることです。 日本は大量生産、大量消費の国になってしまいましたので、自動的にゴミの量もどんどん出てくるのですが、そのままゴミにするのではなく、せっかくの品質の良い品物を次の方にお渡しすることを考えています。 海外の方に喜ばれ、こちらの方にもそれに見合ったキャッシュができる。 というウィンウィンのところが一番のメリットかなと思っております。 Q:では、逆に輸出のデメリットはありますか? A:例えば、どんなことが予想されますか? Q:これと言ってイメージはないんですけれども、前回も少し話されていたように盗まれてしまったりだとか、現地でのトラブル的な。 A:まだ私達は幸いな事にそういったトラブルはないんですが、トラブルといいますと40フィートという大きなコンテナの中に隙間なく品物を詰めていくんですね。 家具なんかでも詰めた後に、引き出しを開けて、そこに食器を詰めたりとか。 10トン近くの品物を手で積んでいきますので、この作業はデメリットといえばデメリットですね。 Q:確かに大変ですよね! A:あとは船で運びますので、現地到着まで3週間 、天候によっては1ヶ月かかります。 それから現地でオークションにかけられて、現金となって売り上げが入金されるまで、だいたい2ヶ月先。 日本での売買に比べると、キャッシュフローが長くなりますので、その辺は少しデメリットといえばデメリットかもしれません。 Q:ありがとうございます。 では、輸出で一番大変なことは何でしょうか? A:大変なところは、先程も言いました通り詰め込み作業や、インボイスと言いまして全部リストにして、何を入れました!というの全て書く必要がありますから、そういった作業は少し手間がかかりますね。... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

リサイクル品を海外に輸出した時にトラブルはあるのか?VOL3

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きましたので、リサイクル品の海外輸出についてのお話をお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画もご用意致しましたので、お好きな方をご覧になってください。 Q:それではさっそくですが、フィリピンの輸出についてお伺いしたいんですが、今までトラブルなどはありませんでしたか? A:ありがたい事に、私たちはまだ一度もないんですがとらさのお話はよく聞きますが、フィリピンって逆にどんなイメージがありますか? Q:そうですね。暑いっていうイメージがありますね。 A:そうですね。バナナが豊富とか。 Q:そうですね(笑) A:あと人口は10億人超えまして(1億人ですが... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

日本のリサイクル品をフィリピンにどうやって輸出するのか?

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きましたので、遺品整理についてのお話をお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画もご用意させて頂きましたので、お好きな方でご覧になってください。 Q:では早速なのですが、前回もお話し頂きましたフィリピンへ日本のリサイクル品を輸出のお話ですが、主にどうやって輸出されているのでしょうか?... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

遺品整理で回収した物を海外に輸出!

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越しい頂きましたので、リサイクル品の海外輸出についてのお話をお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画もご用意させて頂きましたので、お好きな方でご覧になってください。 Q:では早速なんですが! 前回、日本のものをフィリピンに輸出されていると話されてらっしゃいましたが、 何がきっかけだったんでしょうか... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

家財整理、遺品整理のトラブルについて⑦(千葉リサイクル家)

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越しいただきましたので、遺品整理の事についてお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画の方もご用意致しましたので、お好きな方でご覧になってください。 Q:早速お伺いしたいんですが、何か業界のトラブルや注意した方がいい点などありましたら教えて下さい。 A:大事な質問ですね! 遺品整理という片付けのお仕事でトラブルが多くあがっているのも事実で。 まずは国民生活センターというところがあります。これは一般の消費者の方が被害に遭われたりとか、実際トラブルに遭った時にお電話をして相談をする行政の方の相談窓口があるんですけど、去年1年間で相談件数が多かったのがいくつかあります。 まず一つは料金トラブルというのがあります。具体的に言いますと一番初めに見積りを出します。この見積もりは実は中身は作業料だけで、 どんどん作業が進んでいくとゴミを搬出してゴミを処分する必要があります。この処分料を別で請求してくる。 Q:料金の上乗せということですね。 A:そうですね。追加請求で当初20万円の見積りだったのに、最終的に80万円を請求される。という風な、これは実際に相談例として、あがっておりまして、安く見積りを取った方が、お客さんから契約が取れるということで発生するトラブルなんです。 特にその女性の方ですと、具体的にどういう作業をするのかよくわからないまま契約を申し込んでしまうということがございますので、注意点としましては、やはり男性の方がいらっしゃれば、男性の方も同席した方が業者さんもちょっと警戒するんですね。 もう一つは見積もりの中に作業料や処分料やトラック、人件費とか、きちんと名目が分かれて、具体的にきちんと記載されているかどうか 大事だと思います。... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

家財整理、遺品整理、社長インタビュー⑥(千葉リサイクル家)

本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きましたので、遺品整理の事についてのお話をお伺いしたいと思います。 記事だけでなく、動画の方もご用意致しましたので、お好きな方でご覧になってください。 Q:ではおさっそくインタビューをさせて頂きたいのですが、お仕事で嬉しかった事はありますか? A:やはり一番はお客様から喜んで頂いた時の言葉っていうのはいつも嬉しいですし、私たちが思っている以上に自分の家に招き入れるといいますか、業者が敷居をまたいでおうちの中に上がるという行為は、すごくハードルが高いと思っているんですね。 ですので、よりお客様に安心して頂く為にやはりサービスには心配りをするんですが、私達の仕事を見て頂いてお客様が非常に喜んで頂き、実はこういうことがあって困ってるとか、いろんな悩み事を打ち明けて頂けますと、私たちでお手伝いできる事は沢山ありますので、そういう部分で何か信頼頂いているな。といったことが嬉しいかったりしますね。... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

Menu Title