遺品整理、家財整理、Q&AインタビューVOL14


本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きまして、遺品整理についてのお話をインタビュー形式でお伺いしたいと思います。

記事と動画をご用意しましたので、お好きな方をご覧になってください。

Q:さっそくお伺いしたいんですが、遺品整理のお仕事をするにあたって、何か心掛けてみえることはありますか?

A:はい、あります。
まず家財の片づけというところから考え始めたのですが、お客様から呼んで頂くタイミングというのがご家族が亡くなった時、相続が発生したタイミングでお手伝いすることが多いので、相続のお勉強もしなければ駄目だなと思いまして、相続の法的な勉強、あとは税の事、手続きの勉強もしました。
またお家そのものを手放したい。
税制改革があって、相続税もわりと関係されるご家庭も増えました。

そのようなお客様のお悩みを解決をするかとか、やはりタイミングに応じて、士業の先生をご紹介したりも致します。

あと現場ではすぐ作業に入って捨ててしまうよりは、もう少し時期をずらした方がお客様にとってプラスになる事も沢山ございまので、お客様の目的としてどういうふうにされたいのか。
お宅によってお悩みが様々ですので、しっかりヒアリングするようにしております。

Q:そうですね、人によってお悩みはそれぞれですもんね。家族の中でも意見が分かれてしまうことだってあるかもしれないですしね。

A:我々としてはお片付けさえできればいいのですが、それではお客様のお悩み事に寄り添えないので、それに関連するいろんなことを勉強をして、ネットワークを築き、お客様一人一人にあったお手伝いが出来るように、
オートクチュールというと、かっこよくなっちゃうのですが、出来る限り広範囲でお手伝いが出来るように!というふうに心掛けてお仕事はさせて頂いております。

Q:相続税が変わったことは、全く知らなかったです。そういった専門的な知識が全くないものですから。

A:そうですよね。専門的なお話になりますので、ここではさわりだけシンプルに言いますと、基礎控除というのが変わりまして、おそらく多くの方が今まで以上に相続税の対象になっていると思います。

Q:そうなんですね。
お片付けだけでなく、相続税のことなどもアドバイスして頂いた方が良さそうですね。
貴重なお話ありがとうございます。
では、そろそろお時間となりましたので、終わりたいと思います。
本日はありがとうございました。

無料見積依頼フリーダイアル
受付時間: 09:00〜18:00 (日曜・祝日 定休日)

SNSでもご購読できます。

Menu Title