家財整理、遺品整理への想い


本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きまして 、遺品整理についてのお話を伺うことになりました。

文章だけでなく、動画もご用意致しましたので、お好きな方でご覧になってください。

 

 

Q:早速お伺いしたいんですが、どういった思いでこの事業を始められたのでしょうか?

A:はい、遺品整理という仕事は、少し珍しい仕事なんですが、実は私たちの会社のグループ会社に 不動産事業部の会社がありまして、そちらの方でよく ここ数年、実家の売却を検討していると言うご相談が増えてきました。

やはり物件を売却する時には、中の残置物を片付けなきゃいけない。ということがありまして、地元の業者様に回収がお願いしたのですが、それで見積りがあがってきて、残置物の中で、何かしら私たちのほうで、お手伝いができるか、買い取りができるか、お手伝いできるのであれば、という事で、一度私がお伺い致しまして、 その時にせっかく 行きますので、ちょっと合い見積もりもお願いしてみましょうと、 地元の業者様3社を現場に呼びましてまして、見積を取りを直したところ、結果当初80万円だった金額が 25万円までですね。

Q:だいぶ下がったんですね!

A:下がりました。結局3分の1の金額になりまして、残された残置物の中でもお客様が  貴重品だとか思い出の品もが全部回収されて 残りは全部処分品です。ゴミとして回収してください。
というご依頼だったのですが、私は改めて 家の中の品物も評価しなおしていくと まあマーケットで売れるものとして約20万円分ほどの商品が出て来るわけですね。

まぁ結局は、捨てるゴミの中から20万円のキャッシュが含まれて比較しますと 私がそこに行かなければ80万円の費用、プラス20万円のキャッシュをゴミとして捨ててしまっていた。という事実と、私が行ったことによって費用が25万円に減って、そこからさらにキャッシュが20万円できたので、結局負担はたった5万円で出来ました。

Q:全然違いますね。

A:はい。
変わってきますね。きれいに片付ける事ができて、お客様のお手伝いができる。
もしこれが自分の家族だったら、この事実はどうだったかな。ってことを深く考える時にやはり知識を持った専門の人間がやることで料金は適正化されますし、お客様にも損が発生しないというふうに思いまして、 喜ばれるサービスとしてこれはスタートしたほうがいい!と思いまして遺品整理事業をスタートしました。

Q:そういった想いがあったんですね!

A:そうですね。

Q:実は今私も自宅の方で遺品整理をしているところでして、そういった想いが聞けてすごく良かったです。ありがとうございました。
ではそろそろお時間になりましたので、
次回からはもっと具体的に遺品整理の内容について伺っていきたいと思います。本日はありがとうございました。

A:ありがとうございました!

 

無料見積依頼フリーダイアル
受付時間: 09:00〜18:00 (日曜・祝日 定休日)

SNSでもご購読できます。

Menu Title