今後の海外輸出の展望は?社長インタビューVOL5


本日は株式会社翔陽の前川社長にお越し頂きましたので、海外輸出についてのお話をお伺いしたいと思います。

記事だけでなく、動画もご用意させて頂きましたので、お好きな方をご覧になってください。

Q:それではさっそくですが、今後の輸出の展望を教えて頂けますでしょうか。

A:輸出でいきますと、これからどんどん家財整理、遺品整理の仕事は増えてくると思っておりますので、日本という国が大量生産、大量消費の国になり、どんどんどん品物が捨てられてしまうような時代になりました。
品物をただ捨ててしまうのではなく、必要とされる方にお届けすることによって、お互いにメリットが生まれる。

そのお手伝いをもっともっと増やしていきたいと思っております。
直近で言いますと、コンテナの輸出ペースを
もっと増やしていこうと思っております。
今の輸出先はフィリピンとカンボジアの二カ国なのですが、まだまだミャンマーだとか、昔からはタイという国にも日本の中古品は人気があります。

まだまだ発展途上の国がありますので、これからどんどん発展していこうという新興国には、日本の中古品というのは喜ばれますので、そういったところに輸出をしていこうと考えております。

まだまだマーケット沢山ありますして、今この事業のメインは関東一円でやっているんですが
このサービスを例えば広島にもグループ会社がございますし、関西、東海、中国、九州とどんどん広めていって、皆様のお手伝いができるようにしていこうと思っています。

Q:ありがとうございます。
それでは、そろそろお時間となりましたので、終わりたいと思います。
本日はありがとうございました。

無料見積依頼フリーダイアル
受付時間: 09:00〜18:00 (日曜・祝日 定休日)
家財整理、遺品整理は千葉リサイクル家にお任せください!

SNSでもご購読できます。

Menu Title